日本が誇る調味料・味噌について

味噌というのは日本人には非常にポピュラーな調味料ですので知らない人はいないといっても過言ではないと思います。また近年ではMISOは外国でも人気が出てきている調味料です。実は非常に古い歴史があり、かなり昔から作られていた調味料だったのです。もともとは薬用として貴重な扱いをされており、現在のように一般人の献立に味噌汁として登場し始めたのは江戸時代に入ってからとされています。その種類は地域によっても原材料や風味、色の異なるものが作られています。私達はそれらのさまざまな種類を味わって、特色の違いを楽しむこともできます。風味の良さも人気の理由ですが、健康に良い食品ということも分かってきているので毎日とりたい調味料といえます。

味噌の良いところとは

味噌にはたくさんの良いところがあります。まず栄養価が高いところです。材料は種類によっても異なりますが、米、麦、大豆などが使われます。これらはもともと栄養価が高く私達の食生活によく用いられる食品です。発酵には麹菌が使われます。麹菌によって発酵がすすむことで原材料の米や麦などは味の変化と熟成が起こります。この作用によって旨み成分がたくさん生まれ、特有の風味とまろやかさが出るのです。味噌は和風料理には欠かせない調味料ですが、どのような食材にも合わせやすくその素材の味を引き出すのにすぐれているのも良いところです。また、塩分が多く貯蔵がきくのもメリットです。長期保存ができるので常備食として家庭に保管しておくことができます。発酵食品なので乳酸菌が含まれており、私達の健康のためにも良い効果が期待できます。

味噌の種類にはどのようなものがあるか

味噌と一言で言っても、日本にはたくさんの種類があります。大きく分けると主原料によっ米、麦、大豆があります。米を使ったものでも麹や塩の量の配合によって辛口、甘口、甘味噌の違いがあります。また色の淡い物は白みそ、メイラード反応によって褐色化したものは赤みそになります。米みそでは信州や府中のものが有名です。また関西の白みそは甘口でおなじみです。西日本では麦みそもみられます。田舎みそ呼ばれます。東海地方は大豆で作られた赤みそが特徴です。八丁みそが有名です。それぞれの味噌に風味の違いがあり、基本的にはその地域で作られているものが使われますが、料理の種類によってさまざまな味噌を使い分けすると一層料理がおいしくなると思います。また種類の違うものを合わせるのもおいしくなる効果があります。百貨店や通販を利用して全国の味噌を試してみるのがおすすめです。